「友人が寝たきりになっちまったんですよ。寝不足が原因で。」



ふと手に取った本がそんなような書き出しでした。

あ、面白そう。

活字系の本なんてほんとに久しぶりに買いました。(本だけに)←うるさい



51IIB0bRjsL__SX351_BO1,204,203,200_





















「噺家ものがたり」

落語家の話で、軽めに、面白く読めればな~、と

カジュアルな感じで読んでいました。




読み進めるうちに人情話になっていき、

中盤過ぎには、ブロガー本間、号泣に号泣を重ね

涙で本が読めなくなる事態に。

いや~、久々に本で泣きましたわ。久々に良い話でした。



もともと人情噺に弱く、落語の「子はかすがい」でもビービー泣いてしまうもんで。

高レベルの落語フリークであるA先生などは冷静に「クサすぎだ」など、評価できるのですが

あっしなどはもう、ビービーです。



先日、やっと読み終わりましたが最後まで号泣でした。

まー、わやでした。

たまには感動の涙もいいもんです。

読み終わって改めて作者を見てみると。

あれ?

こいつ、「火垂るの墓」のプロデューサーなの?

やられた。

そら泣くはずだ。ブロガー本間の天敵じゃん。





今日の苫小牧はしとしと一日雨でした。

あー。

おかげでせっかく買った「噺家ものがたり」が雨でぐしょぐしょになっちまったじゃないですか。



「おめえさん、笠かぶりっぱなしだ。」