手にずしりとくる重み。

ごつごつとしたメタルの手応え。

身に着けていると伝わる安心感。

精密な職人による仕上げ。

使うごとにわかる精度。



やはりコルトは良い。

独特のベンチレーテッド・リブが精悍です。

コルトパイソン1


やはりコルトと言えば、パイソンだよね。

撃ってみたいけど素人は肩はずれるねって、

リボルバーかよ!

普通はガバメントだろう!

そうじゃなくて!

コルトオート


こっちこっち。

「コルト・オートマチック」。

ガバメントでないオートマチック(しつこい)

ずしりとくる重み・・・(以下略)


サテン仕上げがさり気なさを醸し出していて

スーツに普段着に良く合います。

そしてクロノグラフ。

コルトクロノ


「ブライトリング」と言えばクロノグラフのブランドですから。

より迫力を増すコルト・クロノグラフもおすすめです。

これにコルト・クロノ・オートマチックも揃ってますので、

コルト3兄弟を見極めにいらっしゃいませんか?



コルト好きのブロガー「やっぱパイソンだよね」本間でした。